麻布初音町発!お酒情報ブログ 麻布初音町発!お酒情報ブログ

『夏も秋も ザ・プレミアムモルツ』

『夏も秋も ザ・プレミアムモルツ』

まだまだ暑くてうんざりの夏、今年はいつにも増して不安定な気候が続いていますが、
お盆が過ぎるとセミの鳴き声が変わり、地方によっては、ぐっと涼しい夜になります。

去年、今年と、気の合う仲間と楽しく過ごせる時間がなかなか持てず、
うち飲みしたり公園飲みしたり、の方も多いですよね。

私はそれほど飲める方ではないのですが、お酒のある雰囲気や、
みんなでガヤガヤしながら飲んだり食べたりするのは好きなので、
気兼ねなく楽しめる日が早く来て欲しいと、切に願います。

現地でしか買えないビール

夏はビール、のイメージが強いですが、
ビール好きの方はみなさん好みがあって、一過言持っていると聞きます。
私はお酒に弱いので、ビールを選ぶときは、缶や瓶の見た目で選ぶことが多いです。

以前は「銀河高原ビール」のデザインの綺麗さが気に入って、
スキーに出かけては見つけるたびに買っていました。
リフトでてっぺんまで上って、気持ちよく滑り降りた後のビール!

avatar

「はーっ、おいっしー!!」

と声が出てしまうほどの、最っ高のひと口でした。

サッポロクラシックも好きです。
ビールの棚にサッポロクラシックを見つけて

avatar

「あ!サッポロクラシック!」

とつぶやくとほぼ同時にカゴに入れている、
それくらい買うのが当たり前になっているビールです。

ほかには、お高いけど地元の酒造で作っている小ぶりの瓶ビールも好きです。
ラベルのレトロ感がたまらなく、
そのデザインにはビールへのこだわりが表現されていてカッコいい。
そして、昔ながらのビールのどっしりした濃い味には感動を覚えます。
出先で瓶ビールを買うと荷物になるし、割れてしまっては…と気になりますが、
数種類あるうちから、悩みに悩んで1本だけ買うことが多いです。

物産展やアンテナショップで見つけると嬉しくなって買いますが、
やはり現地で買うのが一番おいしいように感じます。

ザ・プレミアムモルツ

ザ・プレミアムモルツ
とはいえ、このご時世。
出かけるのもままならず、近くのスーパーで物産展があったときに、
運が良ければ地方のビールを買えますが、なかなかそうもいきません。

そこで最近よく買うのは、プレモルと呼ばれる「ザ・プレミアムモルツ」

缶のデザインがスマートでカッコいいのに惹かれました。

プレモルの味は爽やかでポップ、お酒が多少苦手でも、
飲み口が軽くて飲みやすいビールです。

日差しがカーっと照りつける暑い日、
汗をぬぐいながら商談を終えてホッと一息つきたいときや、
スポーツのあとにまず一杯、欲しくなる味です。

焼き鳥や唐揚げなど、おかず系の定番のおつまみのほか、枝豆にもよく合います。

仕事でも遊びでも、何かを一生懸命がんばったあとに、しっかり飲んでしっかり食べる、
そこにプレモルが欲しいので、冷蔵庫に常備しています。

ザ・プレミアムモルツ<香る>エール

ザ・プレミアムモルツ<香る>エール
プレモルよりもさらにスマートなデザインで、名前に<香る>とついているくらいだから、
どんな香りがするのかな、と買ってみたのは「ザ・プレミアムモルツ<香る>エール」

グラスに注いでみると、プレモルよりも色が薄い。

どんな味?と気になりましたが、香りを謳っているのだからと、
まず香りを嗅いでみました。
プレモルと違って、フルーティーな感じがします。
これはもしや、プレモルよりも飲みやすいのでは、と飲んでみたら、
予想通り、お酒が苦手な人でも飲みやすい、甘めの味でした。

どちらかというと、ビール好きな人よりも、苦手な人に合うのかな、という気もします。
それくらい飲み口が軽いです。

今はなかなか厳しいけれど、友だちや職場の人たち、
趣味の仲間たちと大勢でわいわいしながら飲みたい<香る>エール。
バーベキューやキャンプのときなどにピッタリ。
ひとりよりはみんなで、おしゃべりしながらの時間に欲しい味です。

ザ・プレミアムモルツ マスターズドリーム <醸造家の夢>

ザ・プレミアムモルツ マスターズドリーム <醸造家の夢>
すごいネーミングのプレモルを見つけてしまいました!

avatar

なにこれ、プレモルっぽくない、値段も高いけどカッコいい、しかも<醸造家の夢>ってものすごい名前!買うしかなくない?!

というのが、はじめて「マスターズドリーム」を見つけたときの感想です。
(びっくりすると気持ちが声に出てしまうので、誰かに聞かれていたかもしれないです)

このビールについては、どんなときに飲もうかと…悩みました。
普段のなんでもないときではなくて、特別なときに味わいたいな、と思いました。

そうしたら先日、嬉しいことがあったので、今日しかない、といそいそ準備。
全体的な雰囲気は、瓶の地ビールに似ています。

開けてみると、果実味があり、ホップのいい香りがします。
ひと口飲んだら、ビールならではのコクと旨味がありました。

ゴクゴク飲むよりも、じっくり飲みたいビールです。

仲間と一緒にというよりは、
ひとりでゆっくりと、静かに味わいたい。
恋愛小説ではなくミステリー小説を読みながら、
またはお気に入りの映画を観ながら飲むのもいいな、と思いました。

お酒を用意するときは、どんなおつまみが合うかなと考えるのですが、
唐揚げなどの重いものではなく、
チーズやナッツをつまみながら飲むと合うビールです。
ハーブ入りのソーセージもいいですね。

ビールだけど真夏ではなく、秋の夕暮れが似合いそうな、ダンディーな印象でした。

ほかにもいろんなプレモルがあるので、試してみたいです。

ももあいり


avatar

ライター / ももあいり

青森県生まれ。
お酒が強そう、とよく言われますが…カクテルとワインひと口で満足
お酒がある雰囲気とワインの香りが好き
焼き鳥・もずく酢・塩辛・カルパッチョetc…おつまみ大好き
お酒を知ること=歴史を学ぶこと
ひとつのお酒から広がる世界観を楽しんでます♡
お酒と料理の組み合わせも楽しい♡
飲めなくてもお酒は楽しめることを伝えたいです☆
教育系出版社にて編集職
→子ども支援の仕事をしつつ、ライター&web編集
Kindleより『ストレス向き合う40代のセルフケア』発刊
Twitter
アメブロ
ももあいり スイーツ系
あいり 子育て・教育系

CONTACT
お問い合わせ

株式会社善波についての
ご要望やご相談などは
お問い合わせフォーム
またはお電話からご連絡ください。